スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  -  

日程と予定

7/10発、11ロンドン、12〜16グラスゴー、17着。

ロンドンでは泊めてくれる友人が一日休みをとれそうなので、さっさと荷物を置いてロンドンを散策できそうです。ロンドンのマーケットの本と、フィガロの全マップをみて行きたいところをリストアップしないといけない。友人がバードさんのチケットを買うつもりらしく、まだ売れ残っているのが不思議。イギリスではあまりプロモーションされてないんだろうか。

グラスゴーは相変わらず予定がない。セイント・エティエンヌのライブがあるので、行くかもしれない。昔のアルバムをやると聞いたけど、どうなんだろう。日本にも来そうですね。あとは、グラスゴーといえばNatinal Pop Leagueというインディーポップのクラブによく行ってたのだけど、なくなってしまった。カメラオブスキュラのKnee Deep at The National Pop Leagueというトレイシーアンらしい切ない曲でも歌われています。トレイシーアンとキャリーはいつもいたし(一番かわいい古着を着ているふたり)、おっさんもよく見かけた。彼らが別れたあともすぐそばで踊ったりしていたので、見ていてなんとなくはらはらしたもんです。そのNPLによく来ていた連中の一人にアメリカ人男子がいて、彼が同じような音をかけるクラブを始めたときは、やはり二人とも来ていて、さらには後のおっさんの嫁も一緒にいたりして、狭い村で生きるのも大変だ、と思ったもの。そのアメリカ人男子はまたグラスゴーに戻ってきたらしいので、まだクラブイベントをやってるかもしれないから、あれば行きたい。少なくとも私の中での典型的なグラの夜。

友人と話していて、バードさんのライブにグラスゴーバンド互助会メンバーもけっこういそうだよね、という話になる。TFCとかBMXとかパステルズとかユージーン・ケリーとかそのへん。ほんとに文字通り互助会笑 狭い村ではライブに行くといる人間が音楽関係ばかり、なのも珍しくない。誰がいるかなー。うっかりベルセバの誰かに会ったりして。

白髪が大変目立ってきたので美容院へ。旅行中もきれいにしていたい(も?は、では?)のでストパーをかけました。これで楽ちん。
今回は意識的に写真をたくさんとっておこうと思います。

comments(2)  -  

旅支度 vol.2

旅費

移動費
東京→ロンドン+グラスゴー→東京=12万円
ロンドン→グラスゴー=7000円
宿泊費=なし

あとはロンドンで一日地下鉄券とか、空港までの往復費くらいかしら。

17日帰国予定で、その夜のジョアンナ・ニューサムがキャンセルになったため、遅く出る便に変えるかもしれない。そうすると16時グラ発。マディは途中で仕事とThe Dovesを観るためにカリフォルニアに飛んでしまうし、ほかの友達も働いてたりしたら、正直グラにそんなにいてもしょうがない気もしないでもない。散歩してお茶飲んで、とどうでもいいことしかなくて、まあ空気を吸うのが一番の目的だったりするからいいんだけど。それにしても、晴れるといいな・・。

飛行機は、エールフランスを使います。なので、ロンドンに行くにもパリ経由。帰りはKLMなのでアムス経由。KLMとエールフランスは友達になったらしく、マイルも同じく貯まる。次回はアメリカにタダ飛行だなー。
4月から燃油サーチャージがえらく下がったのだけど、結局3月に買っても4月に買っても購入価格はほとんど変わらない。燃油代の高い3月は買い控え対策として、販売価格を下げていると旅行会社の人がゆっていた。

今回はポートランドのときと違って、友達に会えるからとても楽しみかつ心に余裕が。サプライズはあるかなぁ。前回2度のアメリカ旅行は、ストレンジャーとのおもろい出会いがあったので、今回もなんかあるといいな。
comments(0)  -  

旅支度 Vol.1

 
ロンドンに行くのは実に7年ぶり。留学したときは最初の3ヶ月間、南のイーストボーンというところにいたので、電車でロンドンに遊びに行ったことが数回あるけれど、何があるのかようわからんくてあまり楽しい思い出がない。これは東京と似てるのかもしれません。いや、東京よりわかりにくいのでは。

今回はロンドンでも友人の家に泊めてもらうことになり、一緒に遊べるし、ライブも一緒に行ってもらえるかもしれない。彼女が前に住んでいたのが、今回行こうと思っているLiverpool Street周辺なのでよく知ってるらしく、もう完璧です。狙うは、東京でほとんど入手困難と化したかわいい古着。近くにラフトレもあるみたいなので、一応覗いてみようと思います。内容は期待できないけど、今年からイギリスのBellaUnionがバードさんをリリースしているので、UK限定盤があるそうな。多分既存曲ばかりだろうけど。こうしてイギリスでデビューしたわりには、まだロンドンはソールドしてない。

友人は、グラスゴーに居たときとは違って、ロンドンではあまりライブに行ってないそうだ。シーンがよくわからないし、行ってもあまり楽しくないことがあるのだとか。なんとなく想像できるけど。これもちょっと東京と似てるかもしれない。

写真は私が使っていたイギリスの携帯。このディスプレイの丸みが、懐かしげでしょ?充電器をなくしたので、どうしたものかと思っていたら、友人の妹はしょっちゅう店で充電しているとのことで、うまくいくと使えるかもしれない。イギリスはガジェット関係には日本にかなり遅れをとっているので、店で充電なんてできんだろうと思っていた。しかし、なんとヒースロー空港に、無料でチャージできる施設が登場したらしい。時の経過を感じます。

ロンドンからグラスゴーへは、早朝にeasyjetで飛びます。ヨーロッパを飛び回る格安航空で、購入時期によっては片道1ポンドなんてのもあるので便利。久しぶりに利用すると、これまた時代を感じる点が。買ったのは片道23ポンドの航空券。これが36ポンドになってクレジットカードで支払うことになります。今まではこういったエクストラチャージはなかったと記憶してるのだけど。増えた分の内訳は、預ける荷物1つにつき8ポンド。クレジットカード払いで4ポンド。なんじゃそら!燃油代が上がった分の上乗せなんだろうか。でも安いからいいんだけどさ。

泊めてもらうことになる前は、ホテルを探していて、イギリスのあの「朝からんなに食えるか!」な朝食を食べるの〜と思ってたら、ホテルを出る時間が早すぎて朝食を食べられないことに。大体安いB&Bでシングル(共同バスルーム)で40ポンド前後。1ポンド150円で計算しても、7000円。高くない?ポンド安でも割高感があるんだから、ロンドンの物価は狂ってるんだなと実感。

マディがグラでのライブに一緒に行ってくれることに!やっほー。なんだか恥ずかしいけれど、一番前で観るのだ!
comments(0)  -  
  1/1P  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>